タグ別アーカイブ: インフルエンザ

年末年始の休園のお知らせ

年末年始は、以下のように休園しますので、よろしくお願いします。
12月29日(木) 通常通り(午前8時~午後6時)
12月30日(金) 休み
12月31日(土) 休み
1月 1日(日) 休み
1月 2日(月) 休み
1月 3日(火) 休み
1月 4日(水) 休み
1月 5日(木) 通常通り(午前8時~午後6時)
年末になり、インフルエンザも流行りだしています。予防接種は、西成民主診療所では、年内は、12月27日まで行なっています。年明けは、1月上旬までで、一旦予防接種は中止したいと思いますので、ご希望の方は、早めに受診してください。なお、インフルエンザの時でも、まつぼっくりで保育しますので、ご相談ください。写真は、インフルエンザ迅速検査の結果(陽性)です。

インフルエンザ迅速検査


インフルエンザB型も流行ってます

本日は、休日急病診療所へ出務でした。いつもの通り、急な発熱の子どもが大勢受診に来られました。そのうち、約3分の2くらいがインフルエンザ迅速検査で陽性で、数の上では、A型とB型が肩を並べていました。一旦、今シーズンのインフルエンザの流行は収まってきたようにみえましたが、ここにきて、B型インフルエンザを中心として、小学校や保育園などで再流行しているように思えます。
左上写真は、西成民主診療所外来での B型インフルエンザ迅速検査の結果です。Bの所にラインが入っているので、診断できます。
B型インフルエンザも、症状などはA型と大きな違いはありませんが、一旦解熱してもまた高熱が続いたり、タミフルなど抗インフルエンザ薬が効きにくい印象があります。治療は、A型とはほぼ同様ですが、こうした特徴をふまえて、水分補給などに努めてください。
「まつぼっくり」でも、隔離室の利用は、B型の子どもが多く利用しています。A型、B型は、ウィルスの抗原が違いますので、それぞれのタイプにしか抗体(病気への抵抗力)ができません。したがって、同じ隔離室にはできず、まつぼっくりの利用状況が刻々変化し、ご迷惑をおかけしています。空室状況は、トップページをご覧いただき、ご相談いただくようお願いします。

インフルエンザの流行期になってきました

インフルエンザ迅速キット

昨年末から、成人を中心に流行してきたインフルエンザも、今週になって、小学校、保育園児へと罹患年齢層が下がってきました。遺伝子分析によると、一昨年に流行した「新型インフルエンザ」が大半を占めているようです。(診療所で行っている迅速診断キットでは、A型とのみ判定できるだけで、新型か従来の季節型かの区別はつきません。写真右、検査後約5~10分で、Aの部分が二重線になるので、A型インフルエンザと診断できる)今後も流行の広がりが懸念されますので、病児保育室「まつぼっくり」のご利用に当たっては、すこしでも室内感染を防ぐために、熱があるお子さんは、ワクチン接種の有無を問わず、原則としてインフルエンザ迅速キットによる診断を行うようにします。その診断結果により、保育室の割り振りをしたり、隔離室が満室の場合は、保育をお断りする場合もあります。ご迷惑をおかけしますが、諸事情をお察しの上、よろしくお願いします。