溶連菌感染症

以前は、「しょうこう熱」として恐れられていましたが、今は、軽症になりました。余病を併発しないように薬をしっかり飲ませてください。

溶連菌感染症はどんな病気?

この病気は、溶血性連鎖状球菌(略して、溶連菌-ようれんきん)という細菌でおこる、扁桃腺炎(へんとうせんえん)です。潜伏期間は、2~4日で、のど に菌がいる間は、空気中に菌が飛んで人にうつりますが、はしかや水ぼうそうのように伝染力は強くないようです。幼稚園から小学生の時にかかることが多く、 子供の間に何回かかかる場合があります。症状は、熱がでたり、首のリンパ腺がはれたりします。手足や体に、赤くて細かい発疹がでることもあるのが、この病 気の特徴です。舌にいちごのようなブツブツがでたり、病気がなおり発疹がきえてくる時に、手足の指の先の皮がめくれることもあります。

家でこうしてあげて

家での看護は、ふつうのかぜの時と同じです。のどの痛みや熱のある時は、安静にして、食事がとりにくい時は、刺激の少ない ものや軟らかいものにしたり、工夫をしてください。細菌によっておこる病気なので、医者で出された抗生物質(細菌を殺す薬)は、必ず指示通りのませてくだ さい。約1週間~10日間は薬は必要です。熱が下がってすぐに、外出・登園・登校するのは禁物です。

こんな余病があります

カット2以前は溶連菌は、急性腎炎やリウマチ熱の原因として、恐れられていました。近ごろはこうした病気はずいぶん 少なくなりましたが、それでも中途半端に薬をのんでいると、思わぬ余病をひきおこすことになります。外出や風呂の時期も必ず、医師の指示にしたがうように してください。なおってから1~2週間目に、尿の検査を受けておくのが無難でしょう。もし、病気がなおったあと、また熱がでるとか、体のむくみがあり、尿 の色が赤くなってきたなど、余病の症状があれば、医師を受診してください。

検査はこのようにします

診療所で、この病気の可能性のあるときは、のどの奥の液を綿棒につけて溶連菌がいるかどうか検査をしています。溶連菌感染症がうたがわしければ、診療所で相談して、積極的に検査を受けるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">