子どもの発熱

だれしも、子どもが急に熱がでて、あわてた経験が何回かはあるでしょう。特に、夜中など医療機関が開いていない時などは、心配なものです。

熱がでるのは、こういう病気

子どもの熱は、呼吸器、それも鼻やのどなどの上気道の感染症で、ウィルスがその原因の大部分です。診察を受ければ上気道炎、 扁桃炎、あるいはヘルプアンギーナ、つまり「かぜ」と診断されるのが多いわけです。ウイルス感染症は、今のところ、特別な場合をのぞいて、ウィルスそのも のを退治する薬がありませんが、なるべく余病を起こさないよう、水分を十分飲ませて寒くない程度にしておいて、時に解熱剤などの薬を正しく使えば大丈夫で す。また、熱をだすことは、逆に体の中のウィルスの活動をおさえるともいわれています。

家でこうしてあげて!

急な発熱の時は、あわてず落ち着いてよく子どもの様子、とくに熱のほかの症状をみて下さい。意識がはっきりして顔色がわるく なければ、翌朝まで待って医者にかかってもそう心配することはありません。熱が高い時は、安静にして、水分を十分とらせます。ホームメイド経口補水液など工夫してください。また、便がでていなければ、 浣腸(かんちょう)をしたり、いやがらなければ氷枕をしても結構です。それでも、しんどそうにしていたら、解熱剤を使ってください。ただ、熱のではじめ は、なかなか薬でも熱は下がらないものです。下がらないからといって解熱剤をむやみに使うのではなく、薬の種類や使う間隔は、かならずその子にあったもの にしてください。特に、熱性けいれんを起こしたことのある子どもの場合は、まず、けいれん止めの座薬を入れる場合もあります。使い方は、日頃からかかりつ けのお医者さんとよく相談してください。ともあれ、家庭に、体温計、解熱剤、いちじく浣腸を日頃から用意しておけばよいでしょう。

こんな時は注意してください

「かぜ」での熱は、ふつう2、3日でさがり、特別の治療はいりません。それ以上つづく熱は、「かぜ」の余病をおこしている かも知れません。このような場合でも、特にあわてる必要もなく、小児科で診察し、場合によれば検査をしてから、対策をたてても、とくに手遅れになることは ありません。いつから熱があるのか、外来では必ずいうようにしてください。
実際にはめったにないことですが、発熱といっしょに、けいれんを長くおこしたり、青い顔をしてぐったりしているとか、熱が あるのに、逆に体が冷たいときには急を要することがあります。一回吐いて、けろっとしている場合はあわてることはありませんが、しきりに吐いたり、泣く元 気もなく、青ざめてくれば、大変な病気かも知れませんので、夜中でも救急診療所を受診してください。

生まれてはじめての熱

生まれてからしばらくは、赤ちゃんは、母親の免疫(病気から体を守る力)をうけついでいるので、めったに熱をだすことはありません。6、7カ月になるとその免疫の力も減ってきますので、ときどき熱をだす「かぜ」にかかるようになります。生まれて初めての熱の場合、2~3日の熱のあと、全身に細かい発疹がでてくることがあります。これは、「突発性発疹」といって、ウイルス感染症=「かぜ」の一種です。発疹がでたあと熱もなく機嫌もよければ病気はなおってくるので、心配はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">