子どもの下痢・おう吐

冬は、子どもの下痢が流行しやすい季節です。今は、下痢の原因は、感冒性腸炎が大半で昔には恐れられていた赤痢などはめったにありません。

冬に流行する下痢

乳幼児期に多いロタウィルスが原因の白っぽい下痢便が出る「冬期下痢症」、「白色便性下痢症」といわれているのが、冬の下痢症の代表です。少し大きくなっても、下痢とおう吐が主な症状の「流行性下痢おう吐症」もウィルスによるとされています。 近年「食中毒」の原因とされているノロウィルスもその一つです。

家でこうしてあげて

家庭の介護の要点は、水分と栄養補給です。下痢の時は、重い軽いの違いはあっても脱水症になりやすいのです。元気がなかっ たり、おう吐がつづくときなどは、水分補給が思うように行かないときがあります。それでも、ころあいをみて少量づつ回数を多くして水分を飲ませるのが「こ つ」です。脱水症の時は、水分と一緒に塩分も失われているのでみそ汁やスープなども与えて下さい。脱水が進行しないためにも、日ごろから、ホームメード経口補水液を作っておいてください。
お尻を清潔にしておくことも大事です。便を拭くたびに、ぬるま湯と柔らかいガーゼで軽く拭いて、お尻が乾くのを待ってください。それでも、「びらん」などできれば、医者で塗り薬をもらってください。
食事は、おう吐などが頻回にある急性期の1、2日は食欲がなければ無理じいはいけませんが、それをすぎれば徐々にあたえま す。下痢は、3日から1週間ぐらいでだんだんと治ります。食欲が出てきているのに、便のゆるさにこだわって食事制限を続けるとかえって治りにくいこともありま す。(下記「下痢の時の食事は」の項を参考のこと)また、日頃の栄養状態にじゅうぶん注意をすることも大切で、牛乳やフォローアップミルクだけに栄養を頼っていると、下痢のとき重くなりやすいことをよく経験します。カット

こんな時注意をして!

子どもがぐったりして、いつまでも寝たままなど意識がおかしいときは、重症の脱水の可能性がありますので医者と相談して点滴など適切な処置を受けなければなりません。
また、便に血液や粘液が混じっている時は、必ず便を医療機関に持参してください。
下痢の時の食事は?

胃や腸の調子が悪いときは、胃や腸を休めてあげる必要がありますので、消化の悪いもの(油物や固形物)や冷たいものを避けることです。

(1)油物(ミルク・牛乳・スープ・肉など)を避けた食事にします。つまり、湯ざまし・すまし・味噌汁・お茶・果汁などをまず与えてあげます。
★甘味(糖分)があった方が吸収が良いようです。

(2) 吐き気や飲んだ後すぐの排便がなければ、
<a>母乳・ミルクが主食の乳児(3~4ヶ月までの乳児)の場合

1日ぐらいは糖分を主体とした果汁などを与えて様子を見ます。どうしても母乳やミルク以外で落ちつかなければ、母乳なら授乳時間は長くても5分間ぐらいとし、ミルクならいつもの半分ぐらいにして、量や回数を減らします。

<b>乳児より大きい子ども(ふだん離乳食から普通食)の場合は、

かゆ・うどん・豆腐・白身の魚・卵などを少しずつ与えます。吐き気やおう吐がなければ、油物を避けた食べ物をつづけます。あとは、食欲にしたがって量や内容をゆっくりと気長にもとに戻して行きます。

下痢の回数が減ってきて、便回数がもとに戻ってきたら、普段の食事に戻します。

ロタウィルス腸炎は、ブログ記事も参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">