カテゴリー別アーカイブ: 利用方法

新規登録について

梅雨入りをしてから蒸し暑くなってきました。
一日の気温の変化に体温調整が難しい時期ですね。
まつぼっくりでは「初めまして」のお子様の利用が増えて来ました。
お子様の発熱や体調不良は突然やってきます。
登録がまだの方はぜひ事前登録をおすすめします。

登録用紙はホームページからダウンロードしていただくか
病児保育室まつぼっくり、西成民主診療所に置いています。
郵送で登録も受け付けていますので、
まずはまつぼっくりまでお電話ください(06-6656-6105)

☆お問合せフォームから新規登録について連絡をいただくことが増えていますが、メールの返信ができない 場合があります。連絡先の記入をよろしくお願いいたします。                                            また、まつぼっくりからの返信がない場合は一度お電話をお願いいたします。


ロタウィルス性腸炎が流行っています

電子顕微鏡によるロタウイルス(スケールバー100nm)

ロタウィルスの電子顕微鏡写真

2月下旬になり、寒さも和らいできたかと感じられますが、今年の冬は、ロタウィルスによる胃腸炎が流行しています。大阪府感染症発生動向調査(2月 14日~ 2月 20日)では、感染性胃腸炎が増加しているとありますが、昨年のノロウィルスから、今年に入りロタウィルスが原因のことが多いようです。
この病気は、主に乳幼児が罹り、ノロウィルスと同様感染力が強いので、保育所で集団発生することが多くみられます。別名「白痢」ないし「白色便性下痢症」とも言われるように、下痢便は米のとぎ汁のような白色から薄いクリーム色になることが多いですが、必ずしも白色便とは限らず、普通の便色のこともあります。嘔吐を伴うこともけっこう多い印象です。熱がでることはすくないのですが、逆に高熱の場合、ほかに余病(合併症)がないかどうか、検査する必要があります。
ウィルスに対する特効薬はありませんので、対症療法が中心ですが、下痢を止める薬は、ウィルスが体内にとどまりつづけるので、使用しません。家での手当の具体的な方法は、家でこうしてあげて子どもの下痢・おう吐」をごらんください。
診断は、近年、便を綿棒でこすり検査する迅速キットが一般的になってきました。ロタウィルス感染が疑わしい時は、便をポリ袋に密閉して、診療所までご持参ください。(オムツのまま、ポリ袋に入れても結構です。)おうちでできない場合は、診療所でお尻の穴(肛門)から綿棒で採取します。検査は、5〜10分くらいで結果が出ます。下の写真で、Rota の所に、赤い線が入っているので、ロタウィルス陽性です。
ロタウィルス迅速検査
保育園など集団生活が可能になるのは、便の性状が、普通の便になってからで、約 1週間が目安です。
病児保育室「まつぼっくり」では、検査が判明した子どもさんは、感染を防ぐために隔離して保育するようにしていますので、隔離室の空き具合をご確認ください。他の伝染性疾患で満室の場合は、保育をお断りすることがあります。また、スタッフや子どもさんの手洗いの励行、使った寝具の消毒など、感染予防に務めていますが、やむを得ず感染する可能性もあることを、あわせてご了解ください。

インフルエンザの流行期になってきました

インフルエンザ迅速キット

昨年末から、成人を中心に流行してきたインフルエンザも、今週になって、小学校、保育園児へと罹患年齢層が下がってきました。遺伝子分析によると、一昨年に流行した「新型インフルエンザ」が大半を占めているようです。(診療所で行っている迅速診断キットでは、A型とのみ判定できるだけで、新型か従来の季節型かの区別はつきません。写真右、検査後約5~10分で、Aの部分が二重線になるので、A型インフルエンザと診断できる)今後も流行の広がりが懸念されますので、病児保育室「まつぼっくり」のご利用に当たっては、すこしでも室内感染を防ぐために、熱があるお子さんは、ワクチン接種の有無を問わず、原則としてインフルエンザ迅速キットによる診断を行うようにします。その診断結果により、保育室の割り振りをしたり、隔離室が満室の場合は、保育をお断りする場合もあります。ご迷惑をおかけしますが、諸事情をお察しの上、よろしくお願いします。

「まつぼっくりブログ」へようこそ!

1週間の予約状況 ( 6月 22日現在)
一般保育室 隔離室
   6月  22日(木) 満 室 満 室
   6月  23日(金)  予約可能 病気により要相談
   6月  24日(土)  予約可能 病気により要相談
   6月  25日日) お休み 
  6月 26日(月) 予約可能 予約可能
    6月  27日(火)  予約可能 予約可能
  6月  28日(月) 予約可能 予約可能

お申し込みは電話 06-6656-6105 ないし

お申し込み、お問い合わせフォームをご利用ください。

満室とある場合も、一度お問い合わせください。

大阪市西成区松2-1-35こつまの里三階(地図 大阪きづがわ医療福祉生活協同組合 西成民主診療所併設

子どもが病気で困ったとき 安心して預けられるところがあったら… そんなお父さんお母さんの思いをもとに 出来たのが『病児保育室まつぼっくり』です ご利用の案内 このサイトについて

(【お断り】2013年より、サイトの見栄えを変更しています。一部の画像が閲覧できなくなっていますが、順次訂正してゆきます。)


おかげさまで、開設一周年です。

2010年10月1日で、病児保育室「まつぼっくり」は開設一周年を迎えます。みなさんの暖かいご支援、ご援助に深く感謝します。
さて、一周年を機に、子どもさんの保育と親御さんの就労時間の保障のために、10月1日から、「まつぼっくり」の保育時間や料金徴収方法を以下のように延長します。
  • 保育時間:原則として、8:00から17:00まで
  • ただし、月~金は、希望により、18:00まで延長します。(延長料金は不要です。事前にお申し出ください。)
  • 土曜日は従来通り、8:00~17:00です。また、職員の研修などで、月~金でも、延長に応じられない日があります。その場合は、このブログや掲示などでお知らせします。
  • 保育料金の精算は、「まつぼっくり」で行います。ただし、診察料や薬代は、従来通り西成民主診療所や当該薬局になります。
なお、12月11日(土)午後から、クリスマス会を予定しています。今年も楽しい企画を考えていますので、ご予定ください。